プロフィール

とある歯医者

Author:とある歯医者
木・日・祝祭日が休診日です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の歯科事情

 サンフランシスコへの留学を終えた友人と、日本の歯科事情について話をしました。アメリカの一般歯科医は治療より検査とクリーニングが仕事の中心。歯科治療に皆保険は利かず(民間の保険会社が対応)、治療費が高額となるため患者さんの予防意識が高いのだそうです。で、1日10数名の患者さんを診、週休2~3日、年収は僕の2~4倍くらいだそうです。研修に診療準備に休みを返上し、時間に追われて診療をしている僕たち。大きなストレスで精神的に疲れている同僚も少なくありません。アメリカで専門性の高い治療をおこなう先生はもっと高給で、仕事レベルは日本の一般歯科医師と大差無いように感じたとのこと。ちょっとショックを覚えました。
 本年4月28日の「週間東洋経済」には、歯科 当世「歯医者さん」事情 ということで、「セレブ医院からガード下まで 5人に1人はワーキングプア」という記事が掲載されました。ふむふむと実感する内容。
 何故ここまで医療費抑制の名の下、歯科医療を虐待し続けるのでしょうか?医療費のほとんどは医科に支払われ、次いで薬科。歯科はほんの一部分にすぎないんですけど。歯科への締め付けの影響は歯科技工士界にも波及し、歯科技工士の現状を伝える訴状がポストに入っていました。保険歯科治療の質を維持するのが困難な状況になっております。このしわ寄せは国民生活に直結するのですが・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toaruhaisya.blog57.fc2.com/tb.php/94-0d4bd02d

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。