プロフィール

とある歯医者

Author:とある歯医者
木・日・祝祭日が休診日です。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加齢黄斑変性

 かれこれ10年に渡って老眼とお付き合いをしてきましたが、
昨年夏、加齢黄斑変性の診断を受けてしまいました。
老化に伴う網膜の障害なのですが、萎縮型と滲出型型があるようです。
僕の場合は、今のところ萎縮ですが、滲出に移行する恐れもあるとのこと。
酷い場合には失明の可能性もあるとのことでした。
で、どうしたらいいのかというと、サプリメントを摂ってくださいとのこと。
まじめに摂取しておりましたが、昨年11月頃よりきらしてしまい、
昨日、3ヶ月分追加購入してまいりました。

 「老眼をあきらめるな!」目からはじめる不老の医学
   2004年 日本評論社発行 坪田一夫著

を読んで、ちょっと前向きに努力してみようかなっと思った次第です。
アンチエイジング。

 ちょっと間があいちゃったけど、健診にも行かなきゃ。

おわび

 大変長らく放置している間に年を越えてしまいました。

 まずはお詫びをしなくては・・・。
実は昨年、HPを作成していたMac.G3が予備機ともども壊れてしまいまして、
OS9が使用出来ない環境になってしまいました。
したがいまして、HPは現在、更新どころか修正も出来ない状況です。
復旧の目処が立たないためこのまま放置しております。
大変申し訳ございません。

 昨年は公私共々なにかと落ち着かない年でしたが、
今年は卯年(自分の干支)です。
気分一新、仕事にもブログにもチャレンジ精神をもって
取り組んで行こうと思っております。
ここ数年、仕事関係以外の読書量も減少気味なので、
いろんな方面の本を積極的に読んで行きたいと思います。
あと、新しい趣味(今は内緒ですが)にも取り組みたいです。

 大変遅ればせながらですが、本年もよろしくお願いいたします。

こんなん

友人のブログで紹介されていました
http://illustmaker.abi-station.com/
で、こんなん作ってみました。
_1229383365_20.gif
・・・似てませんね。
_1229421693_574.gif
やり直してみました。こっちのほうが似てるかな?

ミョウバン水

あるブログでミョウバン水を知りました。興味を持ったのでネットで検索・・・。

ミョウバンは食品添加物として漬け物やベーキングパウダーなどに使用されており、
スーパーなどで気軽に入手できるらしい(安価で)。

ミョウバンを水に溶かし(ミョウバン水原液)さらに薄めたもの(ミョウバン水)には
殺菌作用・制汗作用・収斂作用がありデオドラント効果があるとのこと。
古来よりデオドラントに用いられてきたそうです(知らなかった)。

元々汗かきな上、ここのところの猛暑。ガソリン高騰につき自転車通勤を始めましたが
気になるのは汗の臭い。ということで作ってみました。

スーパーで焼ミョウバン40g購入(100円くらい?)。
1.5Lの空きペットボトルに入れて水をいっぱいまで入れる。
なかなか溶けないので冷蔵庫で2~3日放置。これがミョウバン水原液となります。
ミョウバン水原液を500ml空のペットボトルにキャップ1杯入れ、
水で薄めたものがミョウバン水となります。これを霧吹き等に入れ、
風呂上がりに顔や腋やつま先にシュッシュ。さらっとしていい感じです。

あせも予防やアトピーの改善、水虫予防にもいいそうです。
体に合わない方もおられるかもしれませんが、一度試して見られてはいかがでしょう。

日本の歯科事情

 サンフランシスコへの留学を終えた友人と、日本の歯科事情について話をしました。アメリカの一般歯科医は治療より検査とクリーニングが仕事の中心。歯科治療に皆保険は利かず(民間の保険会社が対応)、治療費が高額となるため患者さんの予防意識が高いのだそうです。で、1日10数名の患者さんを診、週休2~3日、年収は僕の2~4倍くらいだそうです。研修に診療準備に休みを返上し、時間に追われて診療をしている僕たち。大きなストレスで精神的に疲れている同僚も少なくありません。アメリカで専門性の高い治療をおこなう先生はもっと高給で、仕事レベルは日本の一般歯科医師と大差無いように感じたとのこと。ちょっとショックを覚えました。
 本年4月28日の「週間東洋経済」には、歯科 当世「歯医者さん」事情 ということで、「セレブ医院からガード下まで 5人に1人はワーキングプア」という記事が掲載されました。ふむふむと実感する内容。
 何故ここまで医療費抑制の名の下、歯科医療を虐待し続けるのでしょうか?医療費のほとんどは医科に支払われ、次いで薬科。歯科はほんの一部分にすぎないんですけど。歯科への締め付けの影響は歯科技工士界にも波及し、歯科技工士の現状を伝える訴状がポストに入っていました。保険歯科治療の質を維持するのが困難な状況になっております。このしわ寄せは国民生活に直結するのですが・・・。
«  | HOME |  » ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。